自分に合った求人案件の探し方。

求人案内と、会社の実情について

今、いたるところに求人案内はあります。たとえば、ハローワークはもちろんコンビニエンスストアやファミリーレストラン、書店などなど。人を募集している会社がこれほどまでにあるとは驚かされるほどです。多くの求人があるにも関わらず、多くの人が満足のいくアルバイトや職に就けないのはなぜか?もちろん、理由はたくさんあると思いますが、そのうちの一つの理由は、求人誌に出ている会社の待遇と現実の差がありすぎることだと思います。今まで経験した中でこの理由は大きいと思います。たとえば、アルバイトに関して言えば残業なし、交通費の手当てあり、一日3時間からご自由に。などなど多くの魅力的な内容が書かれていますが、いざ面接をすると、もしくはいざ会社に入ってみると求人案内の内容とほど遠いいことに気づきます。それらの待遇の違いは我慢できるものの、一番つらいのは給料の面での違いです。これは直接仕事に対するやる気や、その会社に対する信頼にも関わってきます。それで、求人の内容が多くの場合会社の信頼や、会社に対する貢献度にまで影響を与えることをふまえつつ会社は求人の内容を注意深く検討する必要があると思います。現実そのようにしている会社は多くはないように感じます。

求人の内容をより現実なものとし、やりがいとやるきを持って働いてもらうほうが、結局のところ結果的には会社への貢献は大きくなります。お互いにとって益があるのではないでしょうか?たかが求人案内ではなく、会社の信頼に関わるという気持ちで求人案内を出してほしいものです。

Copyright (C)2017自分に合った求人案件の探し方。.All rights reserved.